大学生

OBOG訪問専用アプリならmatcherがおすすめ!【OBOG訪問専用アプリ】

こんにちは、えむです!

迷えるこひつじちゃん
迷えるこひつじちゃん
OBOG訪問ってなに…何からしたらいいの??
迷えるこひつじちゃん
迷えるこひつじちゃん
OBOG訪問したいけど先輩とつながりないからできない…終わった…

 

そんなあなたのために、今回はOBOG訪問の仕方と、OBOG訪問に使える便利なアプリを紹介したいと思います!

えむ
えむ
それでは行きますよ~!

1.OBOG訪問とは?

まず、「OBOG訪問ってなんやねん!」という方に向けて簡単に説明をしたいと思います。

OBOGという言葉についてですが、これはOld Boys、Old Girlsを意味します。つまり先輩ですね。性別に合わせてOB,OGを使い分けるようです。

つまり、OBOG訪問とは先輩訪問のこと。またここでは「働いている」先輩の訪問を意味し、目的は仕事や会社について質問したり雰囲気を教えてもらうことにあります。

2.OBOG訪問のやり方がわからない!

OBOG訪問は大きく分けて、「知っている先輩を訪ねる場合」と「知らない先輩を訪ねる場合」の2種類に分けることができます。

1.知っている先輩を訪ねる場合

圧倒的に楽なのが「知っている先輩を訪ねる場合」です。この場合は関係性にもよりますが、LINEやメールで訪問をお願いすることができるでしょう。

ただ、いくら「知っている」「仲が良かった」先輩であっても、社会人になった先輩は学生時代とは違ってかなり忙しく過ごしているかもしれません。

「社会人にお願いする」ということを忘れず、親しい先輩であっても失礼のないようにお願いするのが大切です。

2.知らない先輩を訪ねる場合

次に、知らない先輩を訪ねる場合です。例えば「A社に興味があるけど、A社に行った先輩を知らないなぁ」と思った場合、大学のキャリアセンターを利用して卒業生のデータベースからA社に行った先輩を見つけ、アポを取って訪ねることになります。

「知らない先輩に連絡してアポを取るなんて緊張する」と思うかもしれませんが、会社についてよく知るためには少しの勇気を出してアポを取ってみましょう。

ここでは、知っている先輩を訪ねる場合以上に礼儀正しくお願いをすることが大切になってきます。

3.コネがない人におすすめのOBOG訪問アプリ

そうはいっても、「先輩のコネなんてないし…」「同じ大学から志望会社に行っている人がいない…」という場合もありますよね。じゃあOBOG訪問はできないのかというと、まったくそんなことはありません!

「あんまり知ってる先輩がいない…」という人の救世主が、このmatcherというアプリ!

 

web版はこちら→https://matcher.jp/

公式サイトによると、リリースから3年で20万人以上の方々がマッチングしているそうです。6000社を超える企業に勤める社会人が就活相談に乗ってくれます!

また、他サービスでは「MARCH以上の学歴の方限定!」「○○大学卒業者限定!」などと学歴の縛りがあったりするのですが、matcherは学歴も住んでいる場所も関係なし!オンラインで話を聞くこともできますので、知らない社会人の方にもリーチできるのがメリットです!

えむ
えむ
地方学生にも嬉しいサービス!

以下、公式サイトからmatcherの特徴を引用してご紹介します!

▼Matcherの特徴

「就活相談にのるので、◯◯してくれませんか?」という合言葉のもと、

「就活相談をしたい学生」と「お願い事をしたい社会人」を大学関係なくワンクリックで繋ぐ、OB訪問マッチングサービスです。

 

▼Matcherが選ばれる理由

・大学関係なくOB訪問ができる

・興味のある業界、企業の社員からリアルな情報が得られる

・ワンクリックでOB訪問ができる

・等価交換なので気軽に会える

・マッチング率70%を越えていてダントツで会える

・Facebookを利用した実名制で安心、安全

・50,000件を越えるレビューを確認してから会えるので安心、安全

・24時間365日の監視体制で安心、安全

 

▼Matcherはこんな方にオススメ!

・志望企業に大学のOBがいない方

・興味のある業界、企業の社員からリアルな情報が得たい方

・周りに気軽に相談できる先輩がいない方

・大学経由のOB訪問が面倒な方

・他のOB訪問マッチングアプリではなかなかマッチングできない方

・業界・企業研究を効率的に進めたい方

・どのように就職活動の準備を進めれば良いかわからない方

・自己分析のやり方がわからない方

・企業研究・業界研究がわからない方

・エントリーシートの書き方が分からない、添削してほしい方

・面接で相手に伝わりやすい話し方ができるか不安な方

・自分がやりたい仕事がわからない方

 

▼利用者の声

「大学関係なくOB訪問ができるので、より幅広い選択肢から気になる社会人を探すことができました!」

「実際に働いている社員の方にリアルな話を聞くことができ、具体的に働くイメージを持つことができました!」

「OB訪問がキッカケでインターンとして参画することになりました!」

「Matcherのおかげで第一志望の企業理解が深まり、内定を獲得することができました!」

いかがですか?matcher、使ってみたくなりますよね!OBOG訪問は、知り合いの先輩にアポを取って会いに行くだけが主流ではないんです。matcherを使って、興味のあるお仕事をしている社会人の方に会いに行ってみましょう!

えむ
えむ
あとは行動あるのみ!

4.OBOG訪問アプリのmatcherを実際に使ってみた

今回はmatcherを使って、同じ大学の全く知らない4年生の内定者の先輩に会ってみました!

matcherの使用の流れとしては、こんな感じです。

  1. 話を聞いてみたい社会人/内定者の人のプランに申し込む
  2. プラン申込が承諾される
  3. 自動的にチャットボックスが開設されるので、そこで自己紹介をしたり日程交渉をする
  4. 会って話すまたは電話でお話をする
  5. お互いがお互いのレビューを書く

ちなみに、ここまですべて無料です!学生に優しい!!!

まずプランですが、こんな感じで色々あります。

ここから好きなプランに申し込むのが第一段階です。申し込んだあとは、社会人側がそれを承諾してくださるのを待つのみ。

承諾後は勝手にチャットボックスが開設されますので、そこで自己紹介をして日程交渉をしたり、聞きたいことを伝えます。わたしのチャットはこんな感じでした↓

すると、なんと本当に返信が来ます(驚き)

この後は実際に会う場合は会い、電話の場合は電話をかけるという流れになります。手順は少ないし、結構簡単ですよね!

えむ
えむ
こんなかんじでサクッとOBOG訪問できるなら、もっとOB訪問する人が増えるんじゃないかな

まとめ:OBOG訪問アプリのmatcherはこんなひとにおすすめ

以上、OBOG訪問とmatcherについてご理解いただけたかと思います!

matcherは特に、

  • 部活やサークルに所属していないため先輩との縦のつながりが薄い
  • 地方に住んでいるが都会での就活を予定している
  • 同じ大学から行きたい会社に行った先輩がいない
  • 大学での勉強内容とは関係ないところへ就職予定

という方にはとってもおすすめできます。皆さんもぜひ利用して、就活に役立ててみてくださいね!

 

以上、えむでした!

ABOUT ME
えむ
ブログ「放課後カレッジ」運営者のえむです。 おっちょこちょいで忘れっぽくドジなわたしは人よりたくさん失敗して、人生の教訓を得てきました。 そんなわたしが学校では教えてくれない、でも人生に役立つ知識や経験談をシェアすることがこのブログ運営の目的です。 Twitterもやっていますのでよろしければフォローよろしくお願いします。